Prices-going-up-1024x768
早速、正しい価格改訂の手順をご紹介していきましょう。価格改訂において重要なのが場合分けです。何度も申し上げているとおり、出品商品の価格をただカート価格や最安値に合わせるだけでは利益を最大限にすることはできません。多品種を扱う際には、その商品の状況に合わせて場合分けを行い、価格改訂のパターンを変えていくことが重要になります。

価格改訂における場合分けの大きな区分「カートを取得しているセラーの種類」

価格改訂の場合分けは大きな区分とその下の小さな区分の二階層構造で行います。まずは、カートを取得しているセラーの種類でもって大別します。場合分けの種類は

  1. 自分がカート取得している場合
  2. 他のFBAセラーやAmazonが取得している場合
  3. 無在庫セラーが取得している場合

の3つになります。以下、各区分について詳しくご紹介する中で、「小さな区分」と表現した詳細の場合分けについてもご紹介していきましょう。

1.自分がカートを取得している場合

まずは、ご自身がカートを取得している商品についての価格改訂基準をご紹介していきましょう。

自分以外にFBAセラーもしくはAmazonがいない場合

まず自分がカートを取っている商品の中で、他にAmazonを含めたFBAセラーが存在しない場合についてです。これは自分以外のセラーがいない理想の状態といえるでしょう。この状態においてあなたのカート取得の相手になるのは「無在庫セラー」になります。このシチュエーションで重要なのは、Amazonが設定している商品毎のFBAセラーがカート付与される上限額を見極めることです。そのカート付与の上限額は、日本Amazonのカート価格や円/ドルのレート変動に影響を受け、日々変動します。したがって、販売時の利益を最大限にするためには、その上限額ギリギリの額に価格設定をし、上限額の変動により無在庫セラーにカートが移動してしまった場合は価格を下方修正し、カートを取りに行くという作業が必要になってまいります。その上限を見定めていくために、まずは現状の価格から1ドル刻みで価格を上昇させていきましょう。

自分以外のFBAセラーもしくはAmazonがいて、なおかつそれらの設定価格が自分の価格よりも高い場合

これは、あなたがFBAセラーの中で最安値をつけ、カートを取得している状態です。先日、最安値に固執しないようにとのお話しをさせていただきましたが、もちろん最安値をつけていることはカート取得に大きく有利に作用します。よって、あなたがカートを取得しているのは、あなたが最安値を付けていることが大きく関与しています。よって、最安値を付けた状態のまま、販売時の利益を最大限にするための調整が必要になってまいります。そこで、あなたの次に安値設定しているFBAセラーもしくはAmazonがつけている価格よりも0.01ドル低い額に価格修正を行いましょう。ただし、この2番目に安値をつけているセラーとあなたの設定価格に大きな差がある場合、2番目セラーに価格を近づけてしまうと、先ほど申し上げたカート上限額を超えてしまう場合があります。よって、カート価格の1割以上の差がある場合は、こちらも1ドル刻みで価格を上昇させていきましょう。

自分以外のFBAセラーもしくはAmazonがいて、なおかつそれらの設定価格が自分の価格よりも低い、もしくは同等の場合

これは、あなたが最安値をつけていないにも関わらず、価格を取得できているラッキーな状況です。このシチュエーションはあなたがFBA納品をしたばかりのタイミング、もしくは以下の記事にてご説明させていただいたAmazonの販売機会の均一化作用が働いている場合が多いです。

いずれにしても、ラッキーな状況である故、このシチュエーションの商品については価格をそのままの状態にしておきましょう。

2.他のセラーもしくはAmazonがカートを取得している場合

他のセラーがカートを取得している状況下において、カートを奪還するために彼らよりも安値を付けるのはご法度です。これは他のセラーへのマナー等の観点からの話などではなく、あなた自身が利益を損ねないためのルールになります。このような状況下においては、販売価格を他のセラーに合わせるのが得策です。どのセラーに合わせるかどうかは、カートを取得しているセラーの在庫数によって異なります。

カート取得セラーの在庫が「1個」の場合

在庫数が1個の場合は、次の販売の機会をそのセラーに譲りましょう。そのセラーの商品が販売された後、次にあなたにカートが取得できるよう、あなたを含めたFBAセラーの中で2番目に安い額に価格を合わせましょう。

カート取得セラーの在庫が「2個以上」の場合

カート取得セラーの在庫が2個以上ある場合、そのままの状態ではそのセラーにカートが固定されてしまう恐れがあります。よって、この場合はカートを取得しているセラーに価格を合わせましょう。

3.無在庫セラーがカートを取得している場合

無在庫セラーがカートを取得しているのは、一番最初にお話させていただいたFBAセラーにカートが付与される上限額を超えてしまっている状態になります。よって、今の設定価格から若干価格を下げて、再度上限額を模索する必要があります。よって、FBAセラーの最安値よりも5%値引きをした価格を設定するようにしましょう。

4.1~3の条件下で価格改訂をした際に赤字になってしまう場合

これで全ての場合においての価格改定が完了したことになりますが、最後に非常に重要な作業があります。それは、上記改定によりあなたが損をしてしまわぬよう調整をすることです。商品を販売した場合、損益が0になる価格に調整を行い、この商品については還付金のみを収穫物とするようにしましょう。出品商品の売り切りは、仕入した商品が3か月経過してもなお売れ残ってしまっている場合のみに行うのがお勧めです。

以上が最大限利益を得るための各場合毎の価格改定の方法になります。ぜひ参考になさってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう