こんにちは。ホリゾンタル型Amazon輸出の桜井です。

みなさん、Amazon輸出の価格改定はどのように行われていますか?恐らく、多くの方がプライスターやRepriceItなど市販の自動改定ツールを使用されていることと思いますが、実は、昨年Amazon公式の価格自動改訂ツール「Automate Pricing」がリリースされたことをご存知でしょうか?

本日は、そのAutomate Pricingの設定方法をご紹介させていただきます。

Automate Pricingの設定画面

まずは、Automate Pricingの設定画面への遷移方法から。セラーセントラルにログインしていただき、TOPナビゲ―ションの「PRICING」の上にカーソルを置きます。表示されるメニューの中に「Automate Pricing」の表記があるのでそこをクリックします。

初回訪問時には以下のような画面が表示されます。Automate Pricingの簡単な説明がなされている文章になりますので、気にせずにオレンジ色の「Continue(続ける)」ボタンを押します。

以下のスタート画面が表示されます。

こちらはAutomate Pricingの概要を紹介する画像と簡単な流れが紹介されています。日本語に翻訳すると以下の通りです。

  • ①価格改定ルールの設定
  • ②SKUの選定
  • ③最高価格・最低価格の設定
  • ④価格改定開始

実際にこの手順の通りに設定を進めていきます。早速、その内容をご紹介していきましょう。

①価格改定ルールの設定

まずは、価格改定のルール設定を行います。設定項目は以下の4つになります。

  1. 比較対象とする価格を選定
  2. 「1」の比較対象に対し、どのような価格改定をするか
  3. 「2」の価格改定方法の具体的な値
  4. どの種の商品に対し、上記設定の価格改訂を行うか?

1.比較対象とする価格を選定

まずは、どの価格を価格改定の対象とするかを選定します。対象はカート価格/最低価格の2つになります。

2.「1」の比較対象に対し、どのような価格改定をするか

次に、1の比較対象価格に対しどういった価格改訂をするかを設定します。具体的には比較対象価格よりも「高く」もしくは「低く」するのか、それともその値に合わせるのかを設定します。

3.「2」の価格改定方法の具体的な値

次に、2の改定方法の具体的な値を入力します。入力の方法は「ドル値」の入力と「パーセンテージ」入力の2種が用意されています。

4.どの種の商品に対し、上記設定の価格改訂を行うか?

最後に、どの種の商品に対しこれまで設定をしてきた価格改定を行うのかを設定します。選択肢は1で「カート価格」を選んだ場合と「最低価格」を選んだ場合とで表示される内容が異なります。

以下は1で「カート価格」を選んだ場合の選択項目になります。

  • ①同じASINで同じコンディション(新品か中古の「Like New」「Very Good」「Good」「Acceptable」)出品商品のみ
  • ②-1.発送方法が同じ(FBAか無在庫か)出品商品
  • ②-2.Amazon以外のセラーの出品商品<br>(②はどちらか選択、もしくは両方選択が可能)

となります。したがって、①のみ、②-1のみ、②-2のみ、②1,2両方の4パターンになります。

続いては、1で「最低価格」を選んだ場合の選択項目になります。

  • ①同ASINで同じコンディションの出品商品
  • ②-1.コンディションが自分よりも「良い状態」の出品商品
  • ②-2.発送方法が同じ(FBAか無在庫か)出品商品
  • ②-3.セラー評価が「自分の値-5%」よりも上のセラーの出品商品
  • ②-4.Amazon以外のセラーの出品商品

こちらも上と同様、②については複数選択が可能となります。

②SKUの選定・③最高価格・最低価格の設定・④価格改定開始

次に②SKUの選定・③最高価格・最低価格の設定・④価格改定開始を一気に選定していきます。

遷移した先のページに出品中の商品一覧が表示されています。その項目の右端に+(プラス)マークとその下に「Start repriceing」と表記されているボタンがあります。該当するSKUを選び、このボタンを押してこのルールを適用させます。

桜井 裕二桜井 裕二

フィルター機能があるので、フィルターを使ってSKUを絞り込むと効率的に設定ができるのでお勧めです。

また、このボタンを押して実際にSKUを適用する前に最高価格・最低価格の設定を行いましょう。言うまでもなく、特に重要なのが最低価格の設定です。人によって設定方法が変わるかと思いますが、特に「損切をしたくばい場合」は利益が0になる売価、もしくはそれよりも上の価格を入力しましょう。

一方の最高額についてはあまり厳密に考える必要はないかと思いますが、システム上、必ず入力の必要があるので、予め入力値を決めて入力するようにしましょう。

最高額/最低額の入力が済んだら+ボタンを押します。

価格改定の具体例

例1.新品商品のFBA出品をしている人が、同じ新品商品のカート価格に合わせる場合

設定の選択項目のみをご紹介してもイマイチわかりにくいかと思いますので、2つ例を挙げてご紹介しましょう。まずは、「新品商品のFBA出品をしている人が、同じ新品商品のカート価格に合わせる場合」を例に設定方法をご紹介しましょう。

新品商品のFBA出品をしている人が、同じ新品商品のカート価格に合わせる場合

  • 1.比較対象とする価格を選定は、カートに合わせるので「カート価格(Buy Box price)」を選択します。
  • 2.「1」の比較対象に対し、どのような価格改定をするかについては、「同価格に設定(Match the Buy Box price)」を選択します。
  • 3.「2」の価格改定方法の具体的な値ですが、ここは2で同価格に設定を選択したので、入力をしません
  • 4.どの種の商品に対し、上記設定の価格改訂を行うか?については、当然同じASINでなおかつ同じ新品コンディションの商品に合わせるために「All offers for the same ASIN and condition(同ASINで同じコンディションの出品商品)」を選択します。

例2.中古コンディション「Very Good」でFBA納品している商品をできるだけ早く販売してしまいたい場合

次に中古コンディション「Very Good」でFBA納品している商品をできるだけ早く販売してしまいたい場合の価格改定パターンを、設定しながら考えていきましょう。

中古コンディション「Very Good」でFBA納品している商品をできるだけ早く販売してしまいたい場合

  • まずは、1.比較対象とする価格を選定ですが、ここでは「最低価格(Lowest price)」を選択してみましょう。
  • 次に2.1の比較対象に対し、どのような価格改定をするかについてですが、「Stay below the lowest price by a specified amount(①比較対象価格よりも「低く」設定)」を選択してみましょう。
  • 3.2の価格改定方法の具体的な値ですが、ここでは最低価格の出品商品よりも3%低く設定してみることにしましょう。この場合、「amount in %」の枠に「3」と入力します。
  • 4.どの種の商品に対し、上記設定の価格改訂を行うか?についてですが、比較範囲をより広くとりたいので②特定の種類の出品商品から細かくカスタマイズしてみましょう。

    1. まず、②-1.コンディションが自分よりも「良い状態」の出品商品ですが、コンディション「very good」で出品しているため、いくら早く販売してしまいたい場合であっても、自分が出品するコンディション以下の出品商品については比較対象から外したいところです。なので、まずはこの項目にチェックを入れます。
    2. 次に②-2.発送方法が同じ(FBAか無在庫か)出品商品ですが、こちらにチェックを入れないと無在庫出品も比較の対象になることになります。無在庫の場合、往々にFBA商品よりも価格が低く設定されるものです。ですので、無在庫についても対象から外したいところですね。なので、この項目にもチェックを入れます。
    3. 続いて②-3.セラー評価が「自分の値-5%」よりも上のセラーの出品商品ですが、自分よりも評価が悪いセラーを比較の対象にするか?と解釈することができます。考え方にもよりますが、自分よりも5%以上評価が低いセラーは販売のオペレーションが雑である可能性が高いと考えることができます。ですので、同コンディション同FBA出品で販売している商品を著しく低い価格で販売している可能性があります。したがって、人にって判断が分かれるところかもしれませんが、せっかくこういった項目があるので、私はチェックを入れたいと判断します。
    4. 最後に②-4.Amazon以外のセラーの出品商品ですが、こちらはちょっとわかりにくいかもしれませんね。この項目は要するにAmazon.comの価格を対象とするかどうかといった項目になります。

      Amazon.comは、Amazonが運営するアカウントで当然手数料がかからないために一般セラーよりもアグレッシブな価格設定をしてくる傾向があります。このチェックボックスを選択しないということは、このアグレッシブな価格設定をする傾向があるAmazon.comを比較の対象とすることになります。

      利益獲得が優先の商品の場合は、この項目にチェックを入れ、ひとまずAmazon.comの出品商品との比較を避けるというのも一つの手ですが、すぐに販売したい場合はAmazon.comを比較の対象にするのも1つの戦略です。Amazon.comは、先ほど出てきた「評価が低いセラー」のように「許容範囲を超えた法外な価格設定」をしてくることもありません。ですので、ここではAmazon.comを比較の対象とすることにし、このチェックボックスは外した状態で設定をすることにします。

以上、2つの状況を想定し、設定例をご紹介させていただきました。これらの流れを見ていただければお分かりいただけるように、Automate Pricingの設定方法自体は難しいものではありません。設定そのものよりも「価格改定ルールの設定」が物を言うツールと言えそうです。

工程からご想像の通り、このAutomate Pricingは同じSKUに複数のルールを設定することが可能です。よって、様々なルールを設定し、SKUの種類を分類し、その部類毎に対象ルールを選定していくことが非常に重要になります。

ですが、ルールをたくさん作成し、結果、どういった設定をしたのかが分からなくなってしまうと、自分が意図したものとは異なる価格改定が勝手に行われてしまうことになり大変危険です。ですので、当機能を本格導入し、複数の設定を行う場合はメモを取りながら、設定にミスが生じないように慎重に操作を行うようにしましょう。

実はautomatic価格変更、プライスター、priceit等自動価格改定ツールには大事な要素が抜けていることにお気づですか?

  1. 自分以外にライバルのFBAセラーがいない場合
  2. カート取得しているライバルFBAセラーのセラーの在庫数

これら2つの要素は、価格改定をするうえで非常に重要なものです。

まず1つ目ですが、これは利益率を上げるチャンスです。にもかかわらずこれらのツールは現在カートを取得している自分自身の価格に合わせる、つまり現状維持を選択してしまいます。

これ、もったいないと思いませんか?

そして、2つ目。もし、かなり安値でライバルセラーがカートを取っている際、そのセラーの在庫数で取るべき対処が変わってくると思いませんか?

もし、在庫が1、2個と残り少なければ価格を合わせずにその在庫がなくなるのを待つべきです。一方、在庫数が多く、いつまでもカートが回ってこないような場合は、少し損切になろうと価格をカートに合わせるべきです。。

こういった要素を踏まえた「場合分け」が本来、価格改訂ツールには採用されるべきだと思いませんか?

実はこうした要素が含まれないのは、ツールの技術側の事情にあったのです。

ホリゾンタル型の価格最適化プランは、ある技術をつかってこうした事情をクリア、上記をはじめ、価格改定に必要な要素をに取り入れることにはじめ、あなたの在庫の利益率と回転率を最大化するための要素をしっかりと反映した価格改定ツールになります。

以下のページよりホリゾンタル型の価格最適化プランが採用している価格改定パターンの全てがご確認いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう