初心者

Amazon輸出は、2014年に「稼げる副業」として人気を博しました。そして一時よりも勢いは落ち着いたとはいえ、今もなお一定割合の新規参入者がAmazon輸出を開始しています。その中で、多くのセラーがうまく利益を得られず辞めていく一方、Amazon輸出を「継続的に利益を生み出すビジネス」の一つに成就させる人もいます。

Amazon輸出の魅力は、プレイヤーが10人いたらその10人がそれぞれに独自の実施スタイルがある点、すなわち「戦い方」にバリエーションがある点です。よって、自身の必勝戦術を形にすることができれば、Amazon市場において永続的に利益を得ることが可能です。よくAmazon輸出の手法は「FBA販売」と「無在庫販売」の2種のみであるといわれますが、これら2種は「型」であるにすぎず、その戦術は多岐にわたります。

戦術はたくさん存在するが「始め方」は一つだけ

このように戦術が多岐にわたる点が魅力なAmazon輸出ですが、その入口のバリエーションはそこまで多くありません。さらに、あなたがもし、「個人」でAmazon輸出を開始しようとされており、なおかつ「資金がたくさんある」もしくは「Amazonでの売れ筋商品を仕入可能な卸を既に押さえている」さらには、「データ型のAmazon輸出競争で勝てるツールを構築するエンジニアチームを従えている」などのアドバンテージをお持ちでないのであれば、その「始め方」は1つに集約されます。その始め方は以下の通りです。

  1. リサーチする。
  2. 転送会社を見つける。
  3. Amazonと大口取引契約をする
  4. 商品を仕入、発送(FBA納品)する。
  5. 価格改定をしながら商品が売れるのを待つ。

この基本の始め方を実施する中で、あなたに最も合うスタイル(まずは「FBA販売」か「無在庫販売」か)を選択し、さらにその中で自身の戦術を見極めていくというのがAmazon輸出で成功するための正攻法になります。

無在庫販売をしたい人もこの工程をふむ必要があるの?

既にセミナーや書籍・ネット上などで知識を得ている人の中で「無在庫販売」を実践しようと考えている方は、先ほど挙げたAmazon輸出の始め方はご自身には当てはまらないとお思いでしょう。ですがたくさんの無在庫セラーがひしめきあっている昨今、初心者が新規アカウントで無在庫販売を開始して利益を獲得するのは「ほぼ不可能」と言われています。

もし、無在庫をメインでされたい方も、まずはポジティブな評価を得やすいFBA販売を実施し、ご自身のアカウントの評価を向上させ、出品制限が解除されてから無在庫販売を開始するという方法が「一番の近道である」と言われております。

「Amazon輸出の始め方」を数回に分けてご紹介していきます。

本日より、シリーズ形式で初心者の方を対象に「Amazon輸出の始め方」を数回に分けてご紹介していこうと思います。正しい始め方を実施し、その中で少しずつあなた自身にあった戦術を編み出していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう