「これまでAmazon輸出をやってきたけど、全然利益が取れない。」
「Amazon輸出を始めようと思っているが、損するのが怖い。」

上記のような状況にいる方にお伝えさせていただきます。あなたが着手すべきAmazon輸出の手法は無在庫販売でも卸開拓でもありません。あなたが着手すべき本当の手法は、「多種単品仕入れ」です。その理由をお伝えしていこうと思います。

「無在庫販売」は初心者には向かない

「多種単品仕入れ」をお勧めする理由を説明させていただく上で、まずは一般的に知られている2つの手法、「無在庫販売」「卸仕入からの複数仕入れ」それぞれの特徴についてご説明させていただこうと思います。

一般的に、無在庫販売は注文後に仕入をするので損失のリスクがなく、それゆえに初心者の方が最初に実施したがる手法になります。ですが、そんな無在庫販売には、

  1. Amazon運営サイドから過剰出品によるペナルティからアカウントヘルスを守る
  2. 注文が多い購入者からのクレームなどからアカウントヘルスを守る
  3. 注文が入る毎に、商品の注文、荷受け、梱包、配送の作業が発生する

など、実は利益を得るためにはかなりの労働量を要します。(詳しくは、Amazonデビューに「無在庫販売」が向かない3つの理由とは?

Amazonデビュー早々に「卸から商品の複数仕入れ」をするのは危険!

パワーセラーの多くは、卸を押さえ、そこで大きくディスカウントされた商品を大量に仕入れ、万が一価格競争に陥り利益が薄くなっても薄利多売で利益を出すという手法で恒常的に利益を得るというスタイルを採用しています。それ故、彼らが行うAmazon輸出セミナーでは、まず最初に「卸開拓」をするように言われることが多く、それを鵜吞みにしてリサーチを十分にしないまま、卸開拓に躍起になる初心者セラーが多数存在します。

ですが、Amazon市場が飽和している昨今、卸で仕入れられるほとんどの商品は、アメリカAmazon市場で価格競争が生じています。よって、卸仕入れで利益を得るにはパワーセラーに負けない仕入値で仕入ができる卸業者と提携する、もしくはしっかりとリサーチをしたうえで、まだライバルがおらず、なおかつ売れ行きが良い商品を見つけ卸仕入をする必要があります。ですが、Amazon輸出を開始したばかりの人にとって、これらの課題をクリアすることはほぼ不可能であると言わざるを得ません。それにより、Amazon輸出を始めたばかりの卸仕入セラーは、昔からいるパワーセラーに価格競争で負ける、もしくは「損切」を余儀なくさせられるのです。

  1. 卸仕入で利益を出すには「彼らに負けない仕入値で仕入ができる卸業者と提携する」もしくは「ライバル不在で売れ行き好調の商品を見出す」必要がある
  2. 1が実現できないため、多くの卸仕入セラーが「損切」を余儀なくさせられる

詳しくは卸で大量仕入れをする手法でAmazon市場で利益を出すには?

「多種単品仕入れ」の特徴

では、「無在庫販売」や「卸からの複数仕入れ」と比較しながら、多種単品仕入れの特徴をご紹介していきましょう。

無在庫販売のような「商品毎の仕入れ・梱包・発送」や「アカウントヘルス維持」の手間がない

商品毎の仕入れ・梱包・発送がない

無在庫の場合、注文が入ったら商品を仕入れ、到着をしたら梱包・発送、そして逐一購入者とのやり取りをする必要がありますが、多種単品仕入れは商品を予め仕入れ、FBA納品をしてしまうのでその手間がありません。

アカウントヘルスの維持

無在庫販売は購入者とのやり取りが求められ、それにより場合によっては購入者にクレームや悪評価を受けることがあり、アカウントヘルスの維持に一定の手間がかかる一方、多種単品仕入れは、新品商品が購入者に毎度自動発送されるので購入者とのやり取りがほとんど生じることはなく、むしろ商品やAmazonのFBAサービスに満足した購入者がよいレビューを残してくれるので、高評価が自動的に蓄積されていきます。

また無在庫は、その仕組み上、Amazonの規約にそぐわない行為(大量出品)を実践する必要があり、それにより場合によっては「アカウント凍結」など最悪の事態を被るリスクがあります。よって、それを避けるべく常に情報収集を求められます。一方、多種単品仕入はあくまで「FBA販売」なので、Amazonからペナルティを受けるリスクがありません。

卸からの複数仕入れのような「価格競争リスク」がない

先ほど申し上げた通り、卸からの複数仕入を成功させるにはパワーセラーと勝負できる仕入値を提案してくれる卸と提携するか、売れ行き好調でまだ他のセラーが着手していない商品を探し出すかのいずれかが求められます。そして、それができない場合、他のセラーとの価格競争に巻き込まれるリスクが発生します。一方、単品仕入の場合、まず仕入れる商品が卸からの複数仕入をするセラーたちと被らないので、価格競争が起きることはほとんどありません。同じ一品仕入れを実施するセラーが多い商品を購入してしまった場合においても、在庫数が「1つ」なので、その1つを売り切ってしまえばいいだけの話であり、結果価格競争のリスクはほとんどありません。

「多種単品仕入れ」を極めたのがホリゾンタル型

多種一品仕入れ

これまでのおさらいをさせていただきましょう。

アカウントヘルスを順守するための細やかなメンテナンスと情報収集、そして購入者への即レスポンスなど労働力を要されるのが「無在庫販売」
です。もし、既に労働力を確保されており、その利を生かしたいとお考えの方は無在庫販売向きといえるでしょう。

一方、価格競争に負けない卸価格で商品を仕入れるための卸とのコネクション、もしくは卸仕入れ時のディスカウント率を上げる、さらにはコネクションを強化する上でも大量仕入れを実現するための資本力、さらには、大事な資本を投下するのに適する商品を見極める力がある場合は、卸開拓を視野に入れることを検討されてもよいかと思います。

資本力・労働力・速さ

そして、私がお勧めする「多種単品仕入れ」は、「労働力」「資本力」このどちらも必要としない、最も合理的な手法になります。しかし一点、多品種仕入れのデメリットを上げるとすれば、レバレッジをかけにくいという点です。よって「経験を経てゆくゆくはもっと大きく稼げるようになりたい」とお考えの方は、この多種単品仕入れをしながら個々の商品の特性を把握し「労働力」と「資本力」、このいずれかを強化しながら、少しずつ卸開拓や無在庫販売にシフトし、利益の規模を上げていくというのが最も安全かつ合理的な方法と言えるでしょう。すなわち「多種単品仕入れ」は無在庫販売、卸からの複数仕入れのいずれかにシフトする前にAmazonという市場や個々の商品特性を把握する上でも有効な手法ということができます。

もちろん、継続的にこの「多種単品仕入れ」を実施しながら利益を得続けることも可能です。この「多種単品仕入れ」のシステムそのものを強化し、商品データの情報処理力を向上させ、「多種単品仕入れ」で一定規模の利益獲得を可能にしたのがホリゾンタル型になります。

市販のツール「グローバルせどらー」を使って「多種単品仕入れ」を実施することが可能です。

ホリゾンタル型は、月額のコンサルティング料をいただくプランになっており、なおかつ、現在は新規での募集を停止させていただいております。ですが、この多種単品仕入れは市販ツール、「グローバルせどらー」を使って実施することが可能です。その実施方法については、グローバルせどらーで多種単品仕入れを実施する具体的な方法のページで詳しくご紹介させていただいておりますので、興味を持たれた方は、ぜひご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう