無在庫販売をしていると、購入者からの理不尽なクレームを受けることが少なからずあります。Amazonはバイヤーー第一主義のプラットフォームなので、取引に関し、購入者がクレームを主張してきた場合、セラーはどうしても不利になります。

そのAmazonの「バイヤー>>>セラー体制の象徴」ともいえるのが、この「A-to-z Guarantee Claims」の存在です(日本語に翻訳すると「Amazonマーケットプレイス保証申請」)。

マーケットプレイス(無在庫)販売の取引に対し、購入者・販売者間のやり取りにおいて問題が解決しなかった場合に購入者が申請できる保障であり、申請後、3日以内に何かしらのアクションをしないと、自動で返金が施行され、その分の金額は売上から差し引かれるという、なんとも理不尽な制度になります。

さらに、この「A-to-z Guarantee Claims」は返金損をするだけでなく、アカウントヘルスにも打撃を与える、セラーにとってはかなり厄介な制度です。

そこで今回は、このA-to-z Guarantee Claims(Amazonマーケットプレイス保障申請)に対し、再審議をかけ、取り消しをする方法をご紹介したいと思います。

1.セラーセントラルの「PERFORMANCE」タグ上にカーソルを置き、表示されたプルダウンの中から「A-to-z Guarantee Claims」をクリックします。

2.表示された「A-to-z Guarantee Claims」ページの上部にあるリンクのうち、Resolvedをクリックします。

3.対象のオーダーを選択し、「Appeal decision」ボタンを押します。

4.記入枠内に再審議の内容を入力し、「submit appeal」ボタンを押します。

5.これで再審議の申請官僚となります。

セラーの再審議の主張が正当かどうかが審査され、この保障申請が棄却されるとAmazonから返金分された金額が支払われ、A-to-z Guarantee Claimsのカウントが取り消しされます。返信が来るまで数日かかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう