YUKI_kodomookane15144623_TP_V

Amazon輸出では、利益率を下げる様々な要因が存在します。そのうちの一つが「関税」です。米国Amazon輸出に関する事務作業を通してアメリカの「いい加減さ」を肌身で感じるようになりましたが、この関税についてもその算出工程はかなり「いい加減」なものがあります。その最たる特徴として、関税はかかるときとかからない時が存在します。

その確率はキャリア間でも異なるといわれますが、私が使用しているキャリアの確率はほぼ五分五分であると私は感じています。

かかる関税率はその品物の原価の数パーセント程度と、そこまで利益をひっ迫するものではありません。ですが、少しでも利益率を上げるために、できるだけ関税がかかるリスクを下げたいところです。では、関税がかからないための最善策とはどのようなものなのでしょうか?それは「関税率が0%の商品を扱うこと」です。実は輸出商品の中には関税がかからない商品カテゴリーがいくつか存在します。それらの商品のみを輸出対象商品として扱えば、関税を支払うことなく輸出を実施することが可能となります。そこで今回は「関税がかからない商品リスト一覧」を公開させていただこうと思います。是非、輸出対象商品を選ぶ際の参考にしてください。

商品カテゴリー HTS番号 概要
Video Game 95045000 ビデオゲーム機や周辺機器
Figure 95030000 おもちゃ、乗り物型の玩具(自転車以外)、パズル、縮尺モデル
CD 85234930 音楽を再生するためだけの光学式記録メディア
Notebook 48201020 日記、ノートブックやアドレス帳、レターセットやメモパッド、同類のメモ帳のような用紙や厚紙が閉じられたもの
Knife 72269105 合金のチッパー、ナイフ、刀(ハイスピード以外、幅600mm未満、熱延・圧延製品以外 )
Saw 82023100 丸鋸刃(溝切用、穴あけ用刃を含む)
82029160 直鋸刃(弓鋸刃以外)

上記いずれの商品も関税がかからない商品です。もし輸出時の課税を避けたい場合は、取り扱い商品を上記商品カテゴリーに属するものに限定するとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう