cd0110f3

初心者の方がAmazon輸出のセミナーなどに参加すると「様々な専門用語や実施者のみが理解できるようなことがよく出てくるので戸惑うことが多い」という意見をよく聞きます。その中でも時によくわからないという声をよく聞くのが「FBA販売と無在庫販売の違いについて」です。

それそれの違いを一言でいえば、受注前に仕入をしてAmazonの倉庫に納品、売れたら発送されるのがFBA販売、一方売れる前に予めアカウントに大量出品を行い、商品の注文が入ったら実際に仕入を行い発送をするのが無在庫販売とこのようになりますが、やはり初見の方がそれぞれの全体像を正しくイメージするにはこの一言では情報が少なすぎます。

そこで、ここでは、Amazon輸出への新規参入をかんがえていらっしゃる方が「FBA販売」と「無在庫販売」、どちらを選択すべきか、そのイメージが明確になるお手伝いができるよう、それぞれの特徴やメリットデメリットについてご紹介していこうと思います。

先にリスクを取らなければならないFBA販売

FBA販売を検討する上で知っておくべきこと、それは「先に仕入をするということは在庫リスクを抱えるということである」ということです。すなわち、あなたが購入・納品した商品は、無事販売されるまでに様々なリスクが伴うのです。考えられるリスクとしては

  • 商品のニーズがなくなり、商品が売れない
  • 他のセラーが同じ商品を出品することで、なかなか自分にカートが回ってこず販売されない
  • 販売してもほとんど利益がでない、もしくは赤字にしかならないところまで価格が下がってしまう
  • メーカーや正規代理店から販売停止を宣告される

ざっとこういったものが挙げられますが、いずれも「売れない」もしくは「赤字販売をすることになる」に該当するリスクになります。

FBA販売で継続的な利益を得るには?

FBA販売で継続的な利益を得るには、先ほど挙げたリスク、すなわち売れないリスク、赤字販売リスクを回避しながら、仕入法を工夫していくことが求められます。まず、商品が売れないリスクですが、これは先日記事に記載したランキング変動から販売動向を正しく確認することでクリアすることが可能です。
ですが、赤字販売のリスクについては、ご自身で実際にAmazon輸出をしながら、Amazon自体の特性や、商品カテゴリーや個々の商品ごとの特性を体得し、そのラインを見極めていく必要があります。

それらの特性を体得し、「赤字にならないAmazon輸出」を実施できるようになったら、次に「仕入法」を工夫し、あなた以外の方が真似しにくい方法で他のセラーよりも「有利」に商品仕入を実施するようにします。
仕入れ法の工夫としては、

  • 中堅・大手卸から、大量仕入れもしくは継続的仕入をすることで仕入単価をどのセラーよりも下げる
  • 小型の卸でも、コネクションや何かしらのアドバンテージであなたに安く卸をしてくれる業者を見つける
  • メーカーと契約してあなたが正規代理店になり、その商品のニーズをAmazonの中で作り出す
  • 誰でも簡単に利用できる業者から頻繁にスピード勝負で仕入をする(ホリゾンタル輸出はこれに該当します)

などが挙げられます。AmazonのFBA販売はこのように仕入法の工夫で利益を生み出す手法になります。

無在庫販売で継続的な利益を得るには?

無在庫販売は、FBAのように赤字リスクがありません。ですが、それにより参入者が多く、ライバル数はFBAの比ではありません。また、新規参入者は出品数が制限されているため、現在では純粋に新規参入者が無在庫のみを実施することで一定の利益(例えば、生活ができる程度の)を得ることは困難であるといわれております。(よって、私はまず新規参入者にはFBAを実施することをお勧めさせていただいております)

また、受注毎にその商品を仕入れて、梱包・発送する必要があるので、作業量が膨大になります。(FBA販売の場合は受注後の作業はすべてAmazonが負担してくれるので、仕入・納品だけで作業は完了します)

さらに、一回あたりの受注にかかる作業の中でアクシデント(例えば、出荷が遅れる、商品に不備が生じる)が発生すると、バイヤーは過敏に反応し、アカウントにペナルティ評価を課す傾向があります。よって、運営するアカウントの健全化を維持するのに労力を費やすことになります。(FBAの場合は、すでに商品を確保した上で受注後はAmazonが作業を実施するのでアカウントヘルスに傷がつくことはほとんどありません)

無在庫販売の場合、こういった作業が求められます。

無在庫販売で継続的に利益を出すには?

上記のとおり、無在庫販売にはFBA販売のような赤字リスクがない代わりに作業量が大量に発生します。よって、無在庫の成功にはマンパワーの確保が必要不可欠です。したがって、外注化や法人を運営しチームで実務をこなすなど人材のマネジメント能力が必要不可欠になります。
さらに、大量のデータを扱う(商品をただ出品すればいいわけではありません。受注時に仕入ができるよう、常に商品毎に発注可否と値段の変動を確認する必要があります)ので、データ処理を効率的に実施するため市販のツールに詳しくなる、もしくは自身でエンジニアに委託しオリジナルの管理ツールを作るなど、ツールを駆使したデータ処理において他の人と差別化を図る必要があります。

いかがでしょうか?開始後に「こんなはずじゃなかった」とならないよう、事前に知っておくべき事実をお伝えさせていただきました。この記事の中でも申し上げました通り、私は初心者の方にはFBAを実施することをお勧めさせていただいております。その中でご自身にあったスタイルを選定いただくのがよろしいかと思います。

最後に、私が提唱するホリゾンタル方式は、FBA販売に伴うリスクを最小限に抑え(1品のみ仕入れる)、なおかつ無在庫販売時に伴う作業量を最小限に抑えた(FBA販売により、受注後の発送やアカウントヘルス管理の作業がない)両者の折衷的手法になります。興味がある方は、ぜひご一方ください。

是非、参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう