the-world-is-yours-for-the-taking-23

Amazonでは、FBA出品商品の送料設定は「できない」

インターネットで「Amazon輸出」に関する記事のニーズをリサーチをしている中で、米国AmazonのFBA出品を検討されている方の中に「送料の設定方法」を調査されている方が意外と多くいらっしゃることが判明いたしました。まずは、そいうった「FBA出品時に送料を設定しようとされている方」に結論を申し上げます。AmazonのFBAシステムでは、商品に対して送料を設定することができません。すなわち、FBAシステムを使って商品販売をする際、商品の発送にかかる送料は出品者が100%負担をすることになります。よって、FBA出品をする際は、商品の送料を負担した上で利益が得られるように価格の設定をする必要があります。

こうなると、送料を徴収できる分、無在庫販売のほうが利益が高くなると思われる方もいることでしょう。ですが一般商品を販売する際、FBA出品をした方がむしろ利益率は高くなると言われております。(※ここでいう一般商品というのは、定期的に販売される商品のことを指しております。ごく稀に販売されることがある日米価格差が著しく大きい商品については、もちろんこの限りではありません。)

FBAが無在庫販売よりも利益率が高い理由①~カート獲得時の価格が高い~

上記、Amazonビジネスレポートから「 カートの特性」を読み解く!の冒頭でもご紹介させていただいておりますとおり、Amazonでは販売される商品の実に8割がカートを経由しており、Amazon輸出ではカートを獲得することが1つの永続的課題とされております。このカートシステムはAmazon独自のものであり、始めたばかりの方は最初、その概要を把握して終わってしまうことが多いかと思うのですが、実はこのカートにはとても重要な特性があります。それは、FBA出品されている商品と無在庫販売されている商品とではカートを獲得する際の価格に差があるということです。

わかりやすいように具体例をあげます。ある商品において無在庫セラーが出品する商品が15ドル(送料込)でカートを獲得したとします。その後、その商品のカートが無在庫セラーからFBAセラーに渡ったとします。そのとき、カートを獲得したFBAセラーの出品価格は恐らく18~20ドル、すなわち無在庫セラーよりも2~3割高い価格であると想定されます。すなわち、FBAセラーの出品する商品は、無在庫セラーの販売する同一商品よりも2~3割増された価格でカートが付与され、販売されるのです。これがFBAセラーのほうが無在庫セラーよりも利益率が高くなる傾向がある要素の一つとなります。

FBAが無在庫販売よりも利益率が高い理由②~商品を一括発送をするので1商品あたりにかかる国際送料が安い~

もう一つ、FBAセラーのほうが無在庫セラーよりも利益率が高くなる傾向をもたらす要素があります。それが国際送料です。無在庫販売は、販売された商品をそれぞれ購入者のもとに日本から国際発送することになるので、当然高い送料が発生します。ですが、FBAの場合はあらゆる商品を一つの箱に詰めてAmazonの倉庫へ一括発送することになるので、当然1商品あたりにかかる送料が安くなるわけです。

以上2つの要素から、FBA販売は無在庫販売よりも利益率が高くなる傾向があります。FBA販売の場合、送料の設定ができないのですが、それでもFBAセラーの割合が多いのにはこのような理由があるのです。Amazon輸出をする際には、このようなAmazonの傾向を予めしっかりと把握したうえで、無在庫販売をするのかFBA販売をするのかを決めることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう