0I9A355815032137nakuyo2_TP_V

グーグルのキーワードツールで「amazon輸出」と検索していた際、関連キーワードの中に「amazon輸出 売れない」というキーワードを発見いたしました。キーワードツールに反映されるということは、一定の割合で検索がなされているということであり、すなわち、一定割合の方が「Amazon輸出で販売している商品が売れない」と感じていらっしゃるのが現状のようです。

そこで、今回はAmazon輸出にて出品している商品が売れないという現象が起こる要因について検証していこうと思います。

Amazon輸出で「売れない」原因①-商品のリサーチ方法に問題がある

Amazon輸出で仕入をした商品が売れない場合、その原因は次の2つに集約されます。一つが「リサーチの方法に問題があった」もう一つが「適正価格が反映されておらずカートが全く取れていない」です。まずは、1つ目のリサーチ方法について言及していこうと思います。

Amazonで販売されている商品が定期的に売り上げを立てている商品なのかどうかを確認する上で指標にすべき要素は「ランキングの変動グラフの形状」になります。その判断基準については、以下のページにてご紹介させていただいておりますので、ぜひご確認ください。

上記記事の冒頭でも述べさせていただいておりますが、商品の売れ行きについての判断をする際、ランキング値そのものは判断基準になりません。すなわち、ランキングがかなり上位にある商品でも、その値に変化がない場合、売れていない可能性が高いのです。

私は、Amazon高額セミナーにて「ランキング10000以内の商品については人気のある商品なので強気に仕入をしてもOK」と教わり、そのためランキング8000前後の商品を10個ほど一気に仕入・納品をしたのですが、1つも販売されず、結局破棄してしまったという経験があります。もし、あなたが「納品した商品が売れない」とお悩みで、なおかつその商品がランキング値の高さのみで仕入を判断してしまったものなのであれば、以前の私と同じ状況に陥ってしまっているのかもしれません。その場合は、納品されている期間が長いほど、その保管料がさらにかかることになるので、それらの商品を日本に返送もしくは処分し、以降のリサーチ&仕入れ方法を見直すようにしましょう。

Amazon輸出で「売れない」原因②-商品の価格設定法に問題がある

設定している価格が、現在のカート価格と比べて一定割合以上の値を取っている場合、カートが回ってこず、結果、売り上げの機会を逃してしまっている可能性があります。一度、商品価格の確認をしてみましょう。

次回は売れない場合の対処法についてお話しさせていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう