このサイトは広告出稿やアフィリエイト等、一切の集客活動を行っておりません。現在、この文章を読んでいる貴方は、ネット上で情報収集をしている最中たまたまこのページにたどり着かれたのでしょう。

そんなあなたは「ラッキー」かもしれません。なぜなら、このサイトに訪問したことがあなたに「安定」かつ「継続的」な月収24万円をもたらすきかっかけになるかもしれないからです。。

もし、あなたにとって「月24万円の増収」があなたの人生・運命を変えうるものなのであれば、私はあなたの今後の人生・運命に良い変化をもたらすきっかけをご提供できるかもしれません。

あなたがこのサイトにたどり着かれたのも私とあなたの「縁」です。もしあなたがお望みであれば「月24万円の増収」を実現するまでの徹底サポートをお約束いたします。

もしあなたがAmazon輸出を始め、あらゆる副業ノウハウを実施してきたにも関わらず、成果が出せなかった経験がある場合、「こんなことを言われたところで、、、どうせまた「実際は儲けられないノウハウ」なのだろう」とお思いになることでしょう。

そんな貴方のために「今からこのノウハウを実践した際に、どのような経緯を経て月24万円の安定収入を得られるようになるのか」ホリゾンタル型とは」のページにも添付させていただきましたシュミレーション表に沿って細部まで公開していきましょう。

「安定的」かつ「継続的」な24万円がどのように生まれるのか?

桜井 裕二桜井 裕二

表の見方を簡単にご説明させていただきます。

一番上の項目をご確認ください。これらは「初回仕入から何週目か」を表したものになります。この項目の「1週目」をご覧ください。当シミュレーションでの1回あたりの仕入額は20万円になっています。仕入れた商品は梱包・発送、配送、到着後Amazonでの商品仕分業など諸々の工程を経て、約3週目に納品が完了します(グラフ上では赤矢印で「初回発送分売上」の3週目に案内)。※早いときは到着後すぐに納品されることもあります。

納品完了後の商品は直ぐに販売が開始され、その週には納品した商品群(シップメント)の販売価格の合計の約54%が購入されます。

なお、納品直後にシップメント総額の半分以上を占める商品が即販売される現象は、納品直後はカートが回ってきやすくなるというAmazonの特性により生じます。このフィーバーが終わった後は、週毎の販売率はグッと下がり、次の週には18%、さらにその次の週には8%となります。(「初回発送分売上」の納品が完了した「3週目」は仕入れ総額20万円の54%にあたり10万8千円が販売、「4週目」は18%にあたる3万6千円が販売、「5週目」は8%にあたる1万6千円が販売と納品以降は少しずつ商品が販売されていきます。)

仕入初回から6週目までの売上・投資・利益の変化工程

桜井 裕二桜井 裕二

※このシミュレーションは、1回あたりの仕入額を20万円に設定しています。

初回に仕入れた20万円分の商品は3週目に納品(早まることも多々)され、納品後は1回分の仕入総額の54%にあたる10万8千円が販売されます。その翌週は18%にあたる3万6千円が販売、その次の週は8%にあたる1万6千円といった具合に販売されていきます。

各シップメントの全商品が販売するまでに数週間かかるので、仕入開始1週目から約6週目までは売上が仕入額を上回ってしまいます。利益額<投資額

7週目から20週間までの売上・投資・利益の変化工程

桜井 裕二桜井 裕二

7週目以降も仕入・販売(回収)の流れは同じになります。利益が仕入額を上回るのは、累計の回収率が100%に到達する10週目辺りになります(各回で差はあります)。

11週目以降は商品が売れない週が出るなど「ゆっくりとした回収」が進み(平均して週当たりの回収率約2%)約20週目に1シップメントあたりの全商品の販売が完了となります。

なお、シップメントあたりの総利益率は20%前後となりますので、仕入額が20%の場合、利益は4万円となります。

まず、「どのようにして月に24万円が生成されるのか」をお話しする前に、このノウハウを実施していく上で存在する「3つのステージ」についてお話します。月24万円の安定収入を得るには、この全ステージを経る必要があります。

  • ステージ1:準備期間
  • ステージ2:投資額>利益額(仕入初回週~10週目)
  • ステージ3:投資額<利益額(10週目以降)

では、各ステージについてご説明していきましょう。

ステージ1:準備期間

ホリゾンタル型を実施するにあたり、まずは十分な量のASINを収集する必要があります。開始後あなたにツールをいくつかお預けしますので、そちらをつかってASINを収集いただきます。内容としては、

  1. 日本人セラーのIDを収集
  2. 1.で集めた日本人セラーIDから、彼らが出品しているASINを抽出
  3. 集めたASINを取扱可能かどうかを精査(精査内容についての詳細の公開は差し控えさせていただきます)

この1~3を繰り返していただき、まずは3万件のASINを集めていただきます。3.の精査の条件の詳細をなかなか厳しく設定しているので、3万件のASINを集めるには一定の時間を要することとなります。そうすると、大体1ヶ月前後かかることになります。もちろん、早く3万件が集まれば、その分早めにステージ2へ移行することができます。

ステージ2:投資額>利益額(仕入初回週~10週目)

ステージ1にてASINが3万件溜まったら、実際に仕入を開始していきます。

ですが、先ほど申し上げた通り、このステージ2は「ホリゾンタル型Amazon輸出の山場」となります。というのも、このステージは回収額よりも投資額が上回ってしまう期間だからです。

ここからは、具体的なお金の流れを実際のシミュレーションを示した図を見ながら1つずつ確認していきましょう。

ホリゾンタル型に限らず、FBA型のAmazon輸出のように「予め商品を仕入れ・納品をし、その商品が受注された際に初めて売上が立つ」構図の輸出ビジネスを実施する場合、まず最初に「投資」をする必要があります。

ひと月に得られる利益総額はその投資額(仕入額)をいくらに設定するかによって変わります。

ひと月あたりの仕入額が100万円の場合と200万円の場合に期待できる利益額は以下の通りです。

ひと月あたり仕入額100万円の場合、約24万円
ひと月あたり仕入額200万円の場合、約48万円

以下、実際のシミュレーションを見ながらお金の流れをご紹介させていただきます。(※このページのシミュレーションは、ひと月あたりの仕入額を100万円と設定させていただいております)

上記の表は、仕入初回から10週目までの投資(仕入)額・売上・利益の詳細を示したものです。以下、仕入開始から1週目~6週目までの流れを具体的にご紹介していきましょう。

上記の表は、仕入初回から5週目までの投資(仕入)額・売上・利益の詳細を示したものです。

以下、「週ごとのお金流れ」を具体的にご紹介していきます。

仕入開始1週目

  • 初回仕入をした商品が到着し、梱包・納品します。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:0円)

仕入開始2週目

  • 2回目の仕入を行います。
  • 初回仕入をした商品は空輸中でまだ納品がなされておりません。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:0円

仕入開始3週目

  • 3回目の仕入を行います。
  • 初回仕入をした商品が納品…①され、最初の週で仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • ですが、Amazonからの口座への振込が完了するのは翌週になるので、この週の回収額は0円になります。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:0円

仕入開始4週目

  • 4回目の仕入を行います。
  • 初回仕入をした商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 2回目に仕入した商品が到着、商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • 3週目の売上が初めて口座に振り込まれます。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:10万8千円

仕入開始5週目

  • 5回目の仕入を行います。
  • 初回に仕入した商品仕入額の8%にあたる1万6千円が販売されます。
  • 2回目に仕入した商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 3回目に仕入した商品が到着、商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • この週、Amazonからの支払いはありません。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:0円

上記の表は、6週回から10週目までの投資(仕入)額・売上・利益の詳細を示したものです。

仕入開始6週目

  • 6回目の仕入を行います。
  • 初回に仕入した商品仕入額の7%にあたる1万4千円が販売されます。
  • 2回に仕入した商品仕入額の8%にあたる1万6千円が販売収されます。
  • 3回目に仕入した商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 4回目に仕入した商品が到着、商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • 4,5週目の回収額30万4千円が口座に振り込まれます。
  • (投資額:20万円/Amazonからの振り込み:30万4千円

仕入開始7週目

  • 7回目の仕入を行います。
  • 初回に仕入した商品仕入額の6%にあたる1万2千円が販売されます。
  • 2回目に仕入した商品仕入額の7%にあたる1万4千円が販売されます。
  • 3回目に仕入した商品仕入額の8%にあたる1万6千円が販売されます。
  • 4回目に仕入した商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 5回目に仕入した商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • この週、Amazonからの支払いはありません。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:0円

仕入開始8週目

  • 8回目の仕入を行います。
  • 初回に仕入した商品仕入額の3%にあたる6千円が販売されます。
  • 2回に仕入した商品仕入額の6%にあたる1万2千円が販売収されます。
  • 3回目に仕入した商品仕入額の7%にあたる1万4千円が販売されます。
  • 4回目に仕入した商品仕入額の8%にあたる1万6千円が販売されます。
  • 5回目に仕入した商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 6回目に仕入した商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • 6,7週目の回収額36万円が口座に振り込まれます。
  • (投資額:20万円/Amazonからの振り込み:36万円

仕入開始9週目

  • 7回目の仕入を行います。
  • 初回に仕入した商品仕入額の2%にあたる4千円が販売されます。
  • 2回目に仕入した商品仕入額の3%にあたる6千円が販売されます。
  • 3回目に仕入した商品仕入額の6%にあたる1万2千円が販売されます。
  • 4回目に仕入した商品仕入額の7%にあたる1万4千円が販売されます。
  • 5回目に仕入した商品仕入額の8%にあたる1万6千円が販売されます。
  • 6回目に仕入した商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 7回目に仕入した商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • この週、Amazonからの支払いはありません。
  • (仕入額:20万円/Amazonからの振り込み:0円

仕入開始10週目

  • 8回目の仕入を行います。
  • 初回に仕入した商品仕入額の2%にあたる4千円が販売されます。
  • 2回に仕入した商品仕入額の2%にあたる4千円が販売収されます。
  • 3回目に仕入した商品仕入額の3%にあたる6千円が販売されます。
  • 4回目に仕入した商品仕入額の6%にあたる1万2千円が販売されます。
  • 5回目に仕入した商品仕入額の7%にあたる1万4千円が販売されます。
  • 6回目に仕入した商品仕入額の8%にあたる1万6千円が販売されます。
  • 7回目に仕入した商品仕入額の18%にあたる3万6千円が販売されます。
  • 8回目に仕入した商品仕入額の54%にあたる10万8千円が販売されます。
  • 8,9週目の回収額38万8千円が口座に振り込まれます。
  • (投資額:20万円/Amazonからの振り込み:38万8千円

このように、毎週20万円分の仕入を継続しながら、各回の仕入れ分を約2週遅れで回収していくことになります。
上記シミュレーション内容からもお分かりいただけるように、売上が仕入額に追いつくのは仕入を開始してから10週目になります。先ほどお伝えした通り、その間は回収がしきれない状態で仕入を継続する必要があります。

また、お気づきのとおり、10週目にようやく仕入額=売上となっても、それまでのマイナス分(仕入額>売上分)を考慮する必要があります。各週のマイナス分をまとめると以下のようになります。

1週目…-200,000円
2週目…-200,000円
3週目…-92,000円
4週目…-56,000円
5週目…-40,000円
6週目…-26,000円
7週目…-14,000円
8週目…-8,000円
9週目…-4,000円
10週目…0円
合計…-640,000円

すなわち、この10週目までに64万円の出費を被ることとなります。したがって、一回あたりの仕入額を20万円と設定した上でホリゾンタル型Amazon輸出をする際には、64万円の先行投資が必要ということになります。

※この手法を実施する際にあたり「一回あたりの仕入設定額は20万円以上」とさせていただいています。それは、アメリカへの送料や輸出をするのに発生する費用などを考慮すると、仕入額を20万円以下としてしまうと、作業量に見合う利益を得ることができなくなるからです。

桜井 裕二桜井 裕二

この先行投資費用を現金でご用意するのが難しい方には、Amazon MasterCardゴールドのご利用をお勧めしています。

まず、クレジットカードの「リボ払い機能」を使用することで、仕入時にかかる費用の支払いを遅らせることが可能となります。そして、このカードを所有すれば、Amazonのプライム会員(年会費3,900円)の特典をそのまま受けることが可能となります。従って、FBA納品されている商品については注文後、翌日(場合によっては即日)に受け取ることが可能になります。

さらに、Amazon MasterCardゴールドであれば、年会費として一般的に10,800円がかかりますが、①三井住友カードのリボ払いプランである「マイ・ペイすリボ」への登録をし、②一度でもカードを使用すれば、5,400円の割引、さらに③「カードご利用代金WEB明細書サービス」への登録1,080円の割引がそれぞれ適用されますので、結果、年会費を4,320円に押えることが可能となります。(詳しくはAmazon MasterCardゴールドのページ参照)
したがって、プライム年会費(3,900円)とほぼ同価格になります。

また、もう一つ大きなメリットとして商品購入毎に購入額の2%にあたるポイント(1ポイント=1円)が付与されることが挙げられます。よって、毎回2%引きで仕入ができることとなり、結果的に利益の2%割増につながります!

ステージ3:投資額<利益額(10週目以降)

11週目から16週目までの売上・投資・利益の変化工程

17週目から22週目までの売上・投資・利益の変化工程

このステージ3でようやく回収額が投資額を上回ります。

利益(売上-仕入額)は1回あたりの仕入額の20%に

11週目以降、各週毎の利益額(売上-仕入額)は増加します。この増加は「初回仕入分の商品が完売するまで」続きます。この初回分納品分の商品の受注は初回仕入時から約20週目まで継続します。

そして、21週目からは初回納品分の受注がほとんどなくなりますので初回納品分からの売上はなくなり、結果21週目以降の利益は1回あたりの仕入額20万円の20%にあたる4万円に収束することになります。(これは、あくまで「機械的にシミュレーションをした結果の数値」になります。実際は納品から2ヶ月が経過したシップメント分の売れ行きは、かなり変則的なものになります。)

還付金について

続いて「消費税還付金制度」についてご説明させていただきます。「消費税還付金」とは輸出業者が仕入時にかかった消費税8%について、販売時「形式的に」回収ができないことになるので、その分を国から返還してもらうことができる制度になります。すなわち、毎週20万円の仕入をした際、20万円の8%の1万6千円/週を受け取ることができることになります。

桜井 裕二桜井 裕二

還付金を受け取るには、予め輸出事業者としての手続き、ならびに決算時にこの制度を採用することを国に申請する必要があります。この登録作業は簡単に済ませることができますが、消費税の還付を受けるためには輸出事業者として税理士を介した所定の手続きが必要なため、税理士と顧問契約をする必要があります。

したがって、今現在本格的に輸出事業を行っている方以外は、この還付金を受け取りは非常にハードルが高いものになります。副業としてAmazon輸出の実施を検討されている方は、この還付金を受け取るのにまず、税理士との顧問契約を検討する必要がありますが、平均してひと月あたり数万円の費用が発生する顧問契約はあまり現実的な選択ではなさそうです。

コンサルティングについて

以上がこのホリゾンタル型Amazon輸出の概要になります。このページでご紹介したような流れにて「週に一回の仕入・納品ででリスクを極力減らしたFBA型Amazon輸出」を実施することが可能となります。

仕入れる商品や市場におけるライバルの数やシーズン(クリスマスやブラックフライデーなど)によって違いは生じますが、全体でみると往々に仕入額に20%を上乗せした額を回収する流れとなります。

したがって、1月あたりの仕入額を100万円(1回あたりの仕入額20万円強)と設定した場合、20万円の利益を得ることできる計算となります。さらに、実際にコンサルティングを受講される方にはこの手法で利益率を4%上げるための方法をご紹介させていただきますので、結果、プラス4%の24万円/月の利益を実現することが可能となります。(月に150万円の仕入れ量をこなすことが可能な場合、同手法で得られる利益は36万円/月となります。)

この手法をは輸出事業未経験者もしくは、輸出事業に着手した経験があるものの、現状うまく事業化できていない方に向けてご提案させていただきます。

コンサルティングの内容は以下の通りです。

コンサルティングサービス内容

サービス01.ツールのご提供

◆仕入対象商品選定カリキュレーター

ホリゾンタル型Amazon輸出を実施するための要ツールとなる「仕入対象商品選定カリキュレーター」をお貸出しいたします。このツールを使用すれば、現在、日米両Amazonで取引されている商品のうち、日Amazonで仕入れ、米AmazonでFBA販売することで利益をもたらし、なおかつ過去一定期間において販売実績がある商品を瞬時に割り出すことが可能となります。

桜井 裕二桜井 裕二

計算工程の詳細については割愛いたしますが、当ツールではAmazonでの販売手数料をはじめ、国内外送料、取引為替など費用計算をするうえで考慮すべき要素を全て加味した結果が反映されるシステムを導入しております。

◆価格最適化ツール

Amazon輸出を成功させるには、価格設定を最適化することが必至です。そこで、その価格の最適化を実現するためのツールを無償でご提供させていただきます。(当ツールは現在、非コンサル受講者の方に3,980円/月でご提供させていただいております。詳しくはページ:価格最適化ツールをご覧ください。)

サービス02.FBA納品のための大手キャリアアカウントの貸出

日本で仕入れた商品を検品・梱包した後は、アメリカのAmazon倉庫へ商品を発送する必要があります。その際にかかる国際送料を最小限に抑えるために、弊社が大手キャリアと提携しているアカウントをお貸しいたします。最大ディスカウントが適用されたアカウントになりますので、どの配送代行会社と提携するよりも費用を抑えることが可能となります。(当ツールは現在、非コンサル受講者の方に9,800円/月でご提供させていただいております。詳しくは、ホリゾンタル型Amazon輸出米国FBA直納プランのページをご覧ください。)

サービス03.チャット・メール・電話でのサポート

コンサルティング受講者の方がこのページに書かれているような状態になるまで、徹底したサポートをお約束させていただきます。基本的にはメールやチャットでのやり取りとなりますが、緊急の際には必要に応じて電話でのサポートも行います。

Amazon市場は独特のルールが存在します。したがって、数値上利益を得られる商品を仕入・納品し、価格改訂を毎日行っても、ルールを把握した上で輸出事業を実施できなければ利益を最大化することはできません。必要な情報を受講者様にご提供させていただき、少しでも早く月24万円の利益獲得の実現をお手伝いさせていただければと思います。

受講対象者

受講資格:
輸出事業未経験者もしくは、過去に輸出事業に着手した経験があるものの、現状うまく事業化できていない方

このコンサル塾の受講は輸出事業未経験者もしくは、輸出事業に着手した経験があるものの、現状うまく事業化できていない方に向けてのみご提案させていただいており、既輸出事業者の方は当コンサルティングの受講をお断りさせていただいております。

理由は、当ノウハウの利益規模が24~36万円と小規模であり、既事業向きのものではないからです。当ノウハウは輸出のための知識やネットワークなどを有していない個人または法人の方が1月100万円規模の仕入れを行って、結果、20~30万円の利益を得るのに適した内容となっております。ですので、既事業者の方で今よりも利益を拡大したいとお考えの方は、他のAmazon輸出コンサルの受講をご検討ください。

桜井 裕二桜井 裕二

受講希望者様が既輸出事業者かどうかの判定をするための必要書類のご提出をお願いする場合がございます。予めご了承ください。

コンサルティング受講料

コンサルティング受講料:
開始3カ月:98,000円
4か月目以降:利益20%(利益2割が4万円以下の場合、4万円に切り上げ)

開始3カ月は、各ツールアカウントの準備作業をはじめ、受講者様へのサポート量も必然的に多くなりますので、その分の費用といたしまして98,000円を頂戴いたします。

4か月目以降はコンサルティングフィーとして当ノウハウで得られた利益の20%を頂戴いたします。なお、コンサルティング開始4カ月以降、利益の20%が4万円に満たない場合は、コンサルティングフィーとして4万円を頂戴いたします。

桜井 裕二桜井 裕二

上記「1品仕入れ」を基本型としていますが、この型が「完全に」身についた上さらに他の手法への着手の余裕がある方へは、利益高で回転が早い商品の「複数仕入れ」さらには「卸からの直接仕入れ」などを個別でご提案させていただいております。

また、上記方法で利益額が大きくなった場合は、クライアント様の利益受取額が上がるように報酬比率の再設定をするようにしています。こうした個別での対応も柔軟に取り入れるようにしております。

体験レポート

ここで、当コンサルサービスを現在もご利用してくださっている柳さんにホリゾンタル型Amazon輸出の実施状況を踏まえてのインタビューをさせていただきました。是非、参考にしていただければと思います。

桜井 裕二桜井 裕二

柳さん。こんにちは。今日はよろしくお願いします。

柳さん柳さん

こんにちは。よろしくお願いします。

桜井 裕二桜井 裕二

では早速、質問させていただきます。

まず、なぜこのホリゾンタル型をすることを決められたのでしょうか?

柳さん柳さん

はい。最初、私は「無在庫」でのAmazon輸出をしていました。

ですが、思ったような成果を得られず、Amazon輸出に限らず、ebayや中国輸出など様々なノウハウの模索をしていました。

その中でこのホリゾンタル型Amazon輸出のサイトを発見したのですが、まず在庫や赤字のリスクがないということ、そしてその理由が非常に明確だったところに興味を持ちました。

さらに、利益率や月の想定利益が、いい意味で現実的だったところからも信頼できるノウハウだなと思うようになり、桜井さんに連絡をさせていただきました。

桜井 裕二桜井 裕二

ありがとうございます。改めて当コンサルを開始された経緯をお伺いしたのは初めてでしたが、そういう理由だったのですね。

たしかに、利益率15~20%はそこまで突出した額ではなく現実的な数字かもしれませんね笑

一気に100万円単位の利益をたたき出したい!という方にはあまり魅力的なノウハウではないかもしれませんが、副業や数2~30万円を安定的に稼ぎたいという方にはあっているのかもしれません。

柳さん柳さん

仰る通りです。そのおかげで今もコンスタントに利益を出すことができています。

桜井 裕二桜井 裕二

いえいえ、柳さんの力です。それに柳さんは、ホリゾンタル型Amazon輸出の基本型である新品商品の販売以外に中古商品の販売にも着手されているんですよね。

柳さん柳さん

そうですね半年くらい新品商品の販売を続けていた際に桜井さんから中古販売への着手の提案をしていただきました。
「もっと利益量を膨らませたい」と考えていたところだったので、すぐにお話を受けました。

桜井 裕二桜井 裕二

ちなみに、中古販売のほうの調子はどうですか?

柳さん柳さん

おかげさまで、新品よりも高い利益率を上げることができています。

アメリカの場合、日本よりも商品コンディションの基準が低いようなので、日本で「良い」もしくは「可」コンディションで販売されている商品も、半分以上の商品を「very good」で出品しています。

桜井 裕二桜井 裕二

なるほど。それが高利益の秘訣なのですね。

このインタビューはコンサル生募集のページに載せる用のものなので、話を基本型のホリゾンタル型Amazon輸出に戻しますね。

続いて開始当初どういうスタイルで輸出を実施していたかをお伺いさせていただこうと思います。

まず、仕入と荷受け・梱包、発送をどういったスケジュールで実施されていましたか?

柳さん柳さん

仕入は会社から帰宅した後に実施するようにしています。大体、10時に開始して、11時半から12時までパソコンを開いていますね。

パソコンはほぼ毎日開いていますが、1週間のうちの一日をホリゾンタル方式輸出の仕入に費やしているといた感じです。

桜井 裕二桜井 裕二

では大体、週一で時間にすると1時間半から2時間を仕入れに時間を費やしているんですね。

柳さん柳さん

そうですね。開始当初は4時間くらい時間を当てていました。なので、平日ではなく、仕事が休みの週末の日中などに実施していましたね。

桜井 裕二桜井 裕二

なるほど。最初に時間がかかったのはなぜだと思いますか?

柳さん柳さん

やっぱり、「慣れ」が重要だと思います。

最初は1つ1つの商品を仕入れるべきかどうか必死に吟味していて、迷いもありました。

でも、繰り返すうちにそういう迷いがなくなり、ただ数値を見てどんどん仕入ができるようになると、40~50万円位の量なら1時間弱で仕入を終えることができるようになると思います。

桜井 裕二桜井 裕二

そうですね。継続するうちに仕入れるべきではない商品も分かってきますからね。

柳さん柳さん

そうですね。Oversizeとか、メーカーで輸出を禁止している商品の知識や商品リストが集まるともっと効率的に仕入れができるようになりますね。

桜井 裕二桜井 裕二

では、今も1回あたり1~2時間仕入れに費やしているのはなぜですか?

柳さん柳さん

今は、何度も仕入れをしているリピート商品の仕入先を開拓、卸仕入をするためのリサーチ作業も行っています。

なので、仕入というよりはそういったリサーチに時間をかけている感じですね。

桜井 裕二桜井 裕二

なるほど。では、荷受けや梱包はどうされていますか?

柳さん柳さん

最初は、荷受けが大変でした。というのも、日中の不在時に荷物が届き、週末に再配達を依頼することがほとんどでした。

今は宅配ボックスがあるマンションに引っ越しをして、平日も荷物を受け取るようにしています。

桜井 裕二桜井 裕二

引っ越しされたんですね。やはり、そういったサービスが必要ですよね。

柳さん柳さん

そうですね。わたしにとってこのノウハウの唯一ネックだったところがこの「荷受け」でしたね。今は解決したので何も問題ありませんが。

桜井 裕二桜井 裕二

それはよかったです。

そうですね。荷受けの手間に関して、ご家族がいる方やそういったインフラが整備されているマンションにお住まいの方に限られてしまうノウハウなのかもしれませんね。貴重なご意見ありがとうございます。

では、発送作業はいつ実施されていますか?

柳さん柳さん

発送は週末、具体的には土曜日の午後に行っています。これも最初はすごく時間を要しましたが、今は3~4時間で終えられるようになりました。

桜井 裕二桜井 裕二

なるほど。1品仕入れの場合、やはりラベル貼りに時間がかかりますよね。

柳さん柳さん

そうですね。でも、大分慣れましたよ。

桜井さんに教えていただいた方法でURLを拡張機能で一括コピー、ブラウザで全ページ開いて商品毎に写真を見ながら貼り付けをすれば、かなり時短になりますね。

それから、たまに彼女に手伝ってもらっているんですが、やっぱり2人体制だとグンと時間が短縮されますね。

桜井 裕二桜井 裕二

確かにそうですね。梱包作業は要員が増えると大幅な時短が可能になりますよね。

柳さん柳さん

はい。なので、最近は近所でパートさんを募集して、週末に梱包を手伝ってもらうことを検討しています。

桜井 裕二桜井 裕二

それはいいですね!では、価格改訂についてはどうされていますか?

柳さん柳さん

価格改定は毎朝行っています。所要時間5分ですね。さっき言った毎晩10時頃にPCを開いたとき、まずは価格改訂を行うようにしています。

桜井 裕二桜井 裕二

なるほど。毎日定時に行っているんですね。それだときちんと習慣化されていいですね。では、続いて仕入額と利益、さらには回収までにかかる時間などについて質問させていただきます。

大体の数値で結構なので、一回当たりの仕入額と利益、それから回収率の目安として「開始からどれぐらいで『利益が取れている』と実感できるようになりましたか?

柳さん柳さん

まず、一回当たりの仕入額ですが、もちろん回によって差がありますが、大体45-50万円前後ですね。

そのうち、新品商品が30万円、中古が15-20万円位です。利益は、大体新品が還付含めて15%強、中古が20%前後といったところです。

利益が取れていると実感できるようになったのは、やはり最初の還付を受けた際にだと思います。

それまでは、回収額よりも仕入額の方が若干多く、Amazonからの振込みがあっても、そのお金をその週の仕入れにほとんど費やしてしまうといった感覚でいました。

仕入額と回収額が大体同じくらいになってきたときに、1回目の還付金の支払いがあり、それでもって仕入1.5回分程のお金が一気に振り込まれたことで、それまでの支払い分を全て回収したといった感がありました。

それ以降は、だんだん回収額の方がボリュームがおおくなり、「しっかりと収益を得られているな」と自信を持つことができるようになりました。

桜井 裕二桜井 裕二

なるほど。やっぱり初回の消費税還付の存在は大きいですよね。今ではかなり積極的に仕入れをしてくださっており、新品だけでなく中古市場にも着手してくださっていますからね。

柳さんの活躍は、私自身のコンサル業に対しての自信につながっています。ありがとうございます。

柳さん柳さん

とんでもない。こちらこそ桜井さんには本当に感謝しています。ありがとうございます。

こういった具体に柳さんは毎週積極的に輸出業を実施してくれている、当コミュニティーの中でも上位の売上を誇るセラーになります。柳さんは現在会社にお勤めをしながらホリゾンタル型輸出を実施されています。

また、このホリゾンタル型輸出は基本的には新品のみを仕入の対象としていますが、柳さんは中古商品にも着手、今ではご自身で試行錯誤をし、新品商品以上に中古商品で利益を出すことができているようです。

桜井 裕二桜井 裕二

当コミュニティでは、今回ご紹介させていただいた柳さんのように一部の方に新たな市場のご提案をさせていただいております。柳さんにお話いただいた中古市場はそのうちの一つですが、これ以外にも

  • 輸出→輸入
  • 新品市場→中古市場
  • アメリカ→他国

など、ホリゾンタル方式は他の市場への応用が可能な手法になります。

こうした別市場の開拓は、輸出業のルーチン化がしっかりとできていらっしゃる方にご提案させていただております。

続いてもう一方、当コミュニティの生徒さんの体験談をご紹介いたします。この方は匿名を希望されているのでAさんとさせていただきます。

Aさんは数年前に定年退職をされた方で、現在、一回あたりの仕入れが20万円前後といったボリュームで輸出を行われております。

先ほどの柳さんよりもゆったりと輸出業をされている印象ですが、それでも1回あたりの還付(3カ月単位)で50万円前後の利益を回収できていらっしゃいます。

3カ月に一度の旅行が楽しみです

いつもお世話になっております。私はこのホリゾンタル輸出を始めて本当によかったと感じています。最初は色々と不慣れなことが多く桜井さんにご迷惑をかけすることも多かったのですが、桜井さんのおかげでなんとか輸出を日々行うことができております。

また桜井さんのおかげでわたしのような個人でも還付金の申請をすることができております。

私が事業主として個人で税理士を依頼したら恐らくその費用で利益がほとんどなくなってしまうでしょうが桜井さんが提案してくださった■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■のおかげで私も還付金を得られております。

今は還付金で妻と行く3カ月に一度の旅行が楽しみになっております。前回はオーストラリアに行きました。

妻も楽しみにしているようで以前は心配そうに見ているだけでしたが最近ではラベルの手伝いをしてくれるようになりました。桜井さんのおかげでございます。これからもどうか何卒宜しくお願い致します。

Aさんは、当初あまりパソコン操作が得意ではなかったために慣れるまでに少し時間を要しましたが、今はこうして安定して輸出業を実施してくださっています。

また、今回伏字にさせていただいた箇所は、文脈からおわかりいただけるとおり消費税還付に関する箇所になります。こちらは実際にご契約をいただいた方にのみご提案させていただいている内容となりますのでこちらではご紹介することができませんが、還付金を受ける準備ができていない方に対しご提案させていただいているプランがございます。(先ほどご紹介した会社員をされている柳さんもこのプランを採用されています。)

このプランは当コンサルの強みの1つであるとともに、それゆえに還付金の用意がない、輸出初心者をコンサル生の対象としております。もしこれに該当する方はお気軽にご連絡下さい。

ご連絡お待ちしております

以上がホリゾンタル型Amazon輸出の概要となります。内容をご確認いただいた上で、当コンサルティングに興味がある方は以下のフォームよりご連絡ください。ご質問も随時お受けしております。